Uncategorized

なぜカジノは川の近くにある?

Posted by Katsuragi Hatomi

これはよくある質問です。その答えは、カジノの複雑な歴史と関係しています。昔は、資本化の手段として受け入れられていたカジノは「実店舗カジノ」だけでしたが、ロサンゼルスにおけるカジノのライセンス費用は2億5000万ドルもしました。後に、沿岸警備隊は、当時多くの川に浮かんでいたのは、安全に航行できない船だと判断します。そこで、乗船客や人々が、これらの船にやって来て、トランプで遊びながら時間を過ごしました。その後、船の状態によって、可能なものをカジノに改造するという決定が下されました。一部の州でカジノが川の近くにあるか、あるいは川面に浮いていたのは(リバーボートカジノ)そのせいでした。これは、カジノがネバダ州以外の場所で発展していた時期の話です。ミシシッピ州やミズーリ州などの地域では、大きなセメント池の建設が開始され、近くの川(ミシシッピ川など)から池に水を引いてカジノ船を浮かばせていたのです。当初は、すべての船がリバーボートカジノに改造されました。世界最大のリバーボートはインディアナ州ハモンドの『ホースシュー』で、リバーボートの成功例の一つです。カジノが水辺や水上で見られるのにはこのような理由からなのです。

わざわざアメリカのカジノに行かなくてもオンラインでカジノゲームがいつでもどこでもプレイできる人気No.1オンラインカジノVeraJohnで、ベラジョンカジノおすすめ、1500種類を超えるverajohnスロットをプレイしてみましょう!

リバーボートカジノは、安定したキャッシュフローで州に利益をもたらし、地理的および社会的な影響も限られたものでした。リバーボートカジノの合法化は、1990年代初頭にアイオワ州から条件付きで始まり、その後、ミシシッピ州、ミズーリ州、イリノイ州、ルイジアナ州など、他の州もリバーボートカジノを受け入れるようになりました。

これらの州でカジノが認められたのは、ネバダ州のカジノとネイティブアメリカンの利益を目にしたからでした。他の州も利益を得ようと、社会政策と経済のバランスを保ちながらカジノを設立し始めたのです。犯罪が増えたり違法行為を奨励したりすることなく、安定した収益を得ることが目的でした。

またこれらの州は、常連客が1回のクルーズで最大200ドルから500ドルまでしか賭けられないように制限を設定していました。現在、米国のギャンブル業界は今年(2020年)だけで1,190億ドルの経済効果をもたらしていると推定され、40の州で約170万人が雇用されています。時が経つにつれ競争も増え、人気のあるリバーボートカジノが数多く受け入れられていきました。

地方税や州税で年間約80億ドルの莫大な税収を得ていた州政府は、カジノ事業とキャッシュフローに大満足でした。

カジノは主に商業カジノとインディアンカジノによって利益を生み出しました。残りの収入源は、カードルーム、宝くじ、ブックメーカー、パリミュチュエル方式、慈善目的のゲーム、ビンゴなどでした。

リバーボートカジノは、社会的な衰退をあまり引き起こすことなく収入​​を得ることのできる妥協策と見なされていました。今日では、ほとんどのカジノはドックから離れることも、航行機能を使うこともありません。カジノが水源の近くに建設されているのは水上を行き来するためではなく、歴史的な理由によるものなのです。

Related Post

Leave A Comment